相続税非課税財産に関する債務は遺産総額から差し引けない

遺産相続をした場合には相続税が課税される場合があります。しかし全ての遺産に対して相続税が課せられるのではなく、相続税非課税の遺産もあります。墓地や墓石、一定額内の生命保険金、相続した財産を一定期間内に国などに寄付した場合などは財産の性質や国民的感情によって相続非課税財産となっております。しかしここで気を付けておきたい点はこの非課税財産がマイナスの財産であっても控除出来ないということです。
遺産相続をした場合は、不動産や金融資産などのプラスの財産と借金などのマイナスの財産の両方を相続することになります。そして課税対象はプラスの財産からマイナスの財産を差し引いた金額に対して課税されます。
しかし故人が生前に購入したお墓の未払い金などは、プラスの遺産から差し引くことは出来ません。そのためお墓の代金は生前に支払い終えてしまう方が得策です。全額支払い終えていれば、お墓代の現金がプラス財産から減少しますし、お墓は非課税財産であるためプラスの財産には含まれません。お墓代が未払いの場合は未払い分の現金をプラスの財産として相続することになりますし、未払い金はプラスの財産から差し引くことが出来ませんので、結果的にプラスの相続財産が多くなってしまいます。