債権の株式化(DES)をして課税評価額を下げる方法

一般的な土地や家屋を所有されている方の場合では、毎年設定されることになる固定資産税を支払う義務が生じています。所有している不動産の状態によっては非常に大きな負担額となってしまうことも多く、その評価に関しては本来は不動産の持っている価値に見合ったものとされているニュアンスを持っていることによって、それだけ多くの価値のある不動産を所有していると判断することもできます。しかし、状態次第ではできるだけ課税評価額を下げることによって、債務超過に陥ってしまうことを防ぐことも可能とされており、現在では簡単に言うならば、株式化を行う方法によって、問題を解決することができる場合があります。例えば銀行などから融資を受けている場合でも株式化を行うことによって返済義務を持っている借金を減額することが可能とされているのですが、その一方で、銀行側も株式を入手することが可能になることによって、結果的に銀行の資産が減ることが無くなるというメリットを持っていることになります。条件というものが設定されており、該当するかどうかは専門家に相談することが必要な一面を持っていますが、潤沢な資金を有していない方の場合では、一度相談されることが何よりです。