遺産総額から差し引くことのできる債務とできない債務

遺産を相続した場合には相続税を納めなければいけません。相続税の課税対象はプラスの財産からマイナスの財産を差し引いた額に対して課税されます。ですので出来るだけマイナスの財産を差し引いた方が納税額を抑えることができます。マイナスの財産とは債務のことですが、遺産総額から差し引くことの出来るものと出来ないものがありますので確認しておく必要があります。
差し引くことの出来るものには、被相続人が亡くなった時点で被相続人の債務として確かなものは相続税の課税対象から差し引くことが出来ます。また被相続人が後に納めるべきであった所得税や住民税などの税金も控除できますし、相続開始時にはまだ金額が確定していない税金に関しても差し引くことが出来ます。しかし被相続人に課税された税金でも、それにかかる延滞税や加算税は相続人の責任により発生したものとして控除対象外となります。
差し引くことの出来ない債務としては、被相続人が生前に購入したお墓の購入代金の未払い金などのがあります。お墓は相続財産ではありませんので相続税の課税対象にはなりません。そのためお墓の購入に関する未払い金は控除できないことになります。全額生前に支払ってしまっていれば節税対策にもなりますので有効です。